遠すぎる「ゴール」獲得できなかった「勝点」〜【J1第2節】横浜F・マリノスvsアビスパ福岡観戦記

F・MARINOS

こんにちは。横浜F・マリノスが大好きな茂です。

昨晩は、ホーム初戦にもかかわらず悔しさを味わいました。

ホームで福岡に敗れたのはこれが初めてと聞き、驚きを隠せなかった一方、福岡サポーターの方々にとってはさぞ嬉しい夜でしたでしょうね。

今度のアウェイでの対戦では、しっかり借りを返させていただきましょう。

ここでは、2024年3月1日(金)に日産スタジアムで行われたJ1第2節「横浜F・マリノスvsアビスパ福岡戦」観戦記を記します。

【F・マリノスのスタメン】

左SBは、加藤蓮選手がACLラウンド8第2戦以来の先発出場。彼にとってJ1デビュー戦になりましたね。

ロペス選手には、ヴェルディ戦に続くゴールが期待されます。

インサイドハーフはナム選手と山根選手が初コンビを組み、先発続きの渡辺選手はサブメンバーに回りました。

そのほかの控えには、ヴェルディ戦で先発した渡邉泰基選手や、ACLラウンド8第2戦で値千金のPKを導いた村上選手もメンバー入り。

天野選手や宮市選手らには、途中出場して試合の流れを大きく変える期待が集まります。

【前半】抜群の入りもゴール遠し

ヴェルディ戦劇的勝利の余韻のまま、前半は素晴らしい入りができてたのではないでしょうか。

ピッチ上全ての選手が躍動し、ボールが面白いように動いて福岡の守備を混乱させていましたね。

さらに、幾度も相手ゴールに迫るシーンが見られて、F・マリノス得点は時間の問題と思われました。

しかしながら、シュートは枠をとらえるもGK正面だったり、クロスバーを叩いたりしてなかなか先制点が奪えません。

一方、福岡のウェリントン選手にフリーでヘディングシュートを打たせるなど、気になる点もあったことは事実。

それでも、前半の決定機にゴールが生まれていたら、試合のゆくえは大きく変わっていたに違いありません。

F・マリノスにとって良い流れだったにもかかわらず、得点できなかったのは痛すぎました。

結局、前半を0-0で折り返します。

【後半】システム変更も実らず

悪い流れを断ち切ろうと、後半早々キューウェル監督は中盤を逆三角形から正三角形に変更。

トップ下にはナム選手が残り、山根選手が一列さがって喜田選手とボランチを組みます。

一方、福岡は3-4-2-1気味から4-4-2にフォーメーション変更。

前半とは異なり、福岡は前線からの激しいプレスでF・マリノス側に圧力をかけてきました。

すると、50分には左サイドから重見選手にフリーでクロスを折り返され、背後から飛び込んできた紺野選手に、こちらもフリーでシュートを許して福岡に先制点を与えてしまいます。

その後、キューウェル監督は選手を入れ替えたり、再び中盤を逆三角形に戻したりして打開を図ろうとするものの相手ゴールを割ることができません。

ヴェルディ戦で何度も惜しいシーンを迎えた宮市選手にも、ほぼ効果的なパスが渡ることなく消化不良気味。

そのほかの選手たちについても、連戦によると彼の影響もあったのでしょうか。

結局0-1のまま試合終了となり、F・マリノスはホーム開幕戦を白星で飾ることはできませんでした。

キューウェル監督の試行錯誤は続く!?

キューウェル監督が推し進める中盤逆三角形システム。

宮崎キャンプの対外試合では多くの失点をしたものの、多くの得点を重ねられたことで、ポステコグルー監督時代の「ハイリスク・ハイリターンサッカー」の再来を予感させました。

「また、あのワクワクするサッカーが観られる」と期待したF・マリノスサポーターも多くいらっしゃったのではないでしょうか。

しかし、公式戦ではあまり得点が得られず、4試合経過して1試合で2点取るのがやっとといった状況。

システムに至っても、中盤逆三角形は定着できずに試合中にコロコロ変化する場面が多く見られます。

(状況に応じた臨機応変な対応なら大歓迎。しかしながら、はっきりした方向性は見出したい。きっかけさえ掴めれば不可能ではないはず。)

これまでの公式戦4試合を振り返ると、いずれの対戦相手は、バンコクにしても、ヴェルディにしても、福岡にしても割と守備的なチームばかりでした。

果たして、今後攻撃的なクラブと対戦した際に新システムがどう機能するかは、それはそれで楽しみの一つです。

早くも、一部では「監督解任論」が飛び出していますが、F・マリノスの2024シーズンはまだ始まったばかり。

(1敗しただけでこの始末だから手が負えない 笑)

大きな期待が寄せられるキューウェル監督の試行錯誤は、まだしばらく続きそうです。

茂shigeru
茂shigeru

最後までご覧いただき本当にありがとうございます

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

created by Rinker
¥1,980 (2024/04/20 08:24:21時点 楽天市場調べ-詳細)
Jリーグ選手名鑑2024J1・J2・J3 エルゴラッソ特別編集 2024年3月号 【Car Goods Magazine増刊】【雑誌】【3000円以上送料無料】

コメント

タイトルとURLをコピーしました