輝かしい目標の影にかすんだ戦い〜【J1第14節】アルビレックス新潟vs横浜F・マリノス観戦記

F・MARINOS

こんにちは、横浜F・マリノスを応援する茂です。

新潟戦は最高の入り方をしながらも、今季ワーストとも言える内容で勝点3を失う形となりましたね。

中々リーグ戦では結果が出ず、これで5試合勝利がありません。

なんとか次の東京戦では良いキッカケを掴んで欲しいのですが…

ここでは、2024年5月15日(水)にデンカビッグスワンスタジアムで行われたJ1第14節「アルビレックス新潟vs横浜F・マリノス観戦記を記します。

F・マリノスのスタメン

ACL決勝戦から6名を入れ替えて臨んだ試合。

もっとフレッシュな選手を投入してくるかと思われましたが、中3日にもかかわらず松原選手、喜田選手、植中選手、ロペス選手、ヤン選手といったACLスタメン組が名を連ねました。

リーグ戦4試合勝利できていない分、あえて主力組を先発させることで、是が非でも勝点3を獲得したい監督の意図が感じられます。

最高の形の先制点

前半の入りは最高でした。

ボール支配率1位の新潟を物ともせず、自分たちがやりたいサッカーを存分に表現していたのはF・マリノスの方でしたね。

そして、ACL決勝戦に続いてまたも渡辺選手がやってくれました。

これまで、渡辺選手はボランチとしてはピカイチな存在だったのは言うまでもありません。

キューウェル監督就任後は主にインサイドハーフを務め、積極的にペナルティエリア内に侵入することを求められます。

そして、監督の指示を忠実に実行した渡辺選手は、再びゴールという最高の結果を導き出しました。

まさに、キューウェル監督が志向するサッカーが実を結んだ瞬間です。

一瞬のミスが流れを変える

一方、後半51分、F・マリノスはディフェンスとGKとの連携ミスにより同点ゴールを許してしまいます。

今までのF・マリノスであれば、このくらいのミスによる失点など軽く跳ね返していたでしょう。

しかし、ACLとリーグを両方戦う凄まじいい緊張とタフさが求められる状況で、一つのミスが選手たちの張り詰めた糸をいとも簡単に引きちぎるのは容易に想像できます。

「ACL制覇とリーグ戦優勝」、どちらも大切なことは分かってはいるものの、ACL制覇という輝かしい目標が、リーグ戦に向き合う選手たちのモチベーションを知らず知らず低くさせたように感じられました。

同点ゴールを許した後は、F・マリノスのアタッキングフットボールは一切影を潜めてしまい、新潟に手も足も出ない展開に。

結果として3-1で惨敗し、今季ワーストとも言える内容で勝点3を失います。

これにより、F・マリノスは他チームよりも消化試合数は少ないものの、14位まで順位を下げてしまいました。

東京戦でキッカケを掴みたい

次節東京戦も中3日という厳しい日程。

さらに、1週間後にはACL決勝第2戦が控えていて、東京戦へのモチベーションをアップさせることがかなり難しいことが予想されます。

しかし、一方では渡辺選手や植中選手、榊原選手らの勝利に対する貢献度がアップしているのは間違いありません。

キューウェル監督がやりたいサッカーは徐々に浸透しつつあり、そのことは彼らの活躍やACLの内容と結果が証明しています。

一部で監督解任を求める声が聞こえますが、私的にはまだまだ辛抱が足りないと感じています。

なぜなら、これまでの浦和などがそうであったように、ACLとリーグ両方で結果を求めることは至難の業。

さらに、監督が代わりチーム内に新しいシステムが浸透するには、それだけ多くの時間を費やす必要があるからです。

ポステコグルー監督1年目には、F・マリノスは降格の危機を味わいましたから……

そういう意味でも、少しでも良い面に意識を傾け東京戦に勝利し、再びリーグ制覇をも視野に入れていきたいですね。

ACL優勝後のF・マリノスはこれまでにない迫力と強さを身につけ、リーグ制覇に向けて存分に戦うことを確信します。

茂shigeru
茂shigeru

最後までご覧いただき本当にありがとうございます

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

created by Rinker
¥1,980 (2024/05/21 04:02:22時点 楽天市場調べ-詳細)






コメント

タイトルとURLをコピーしました